未来への投資ならば借金も良し

お金は極力借りたくありません。返さなければならないからです、当たり前ですが。

そして正直、キャッシングに対してはあまりいいイメージがありません。

借金苦で自殺したり夜逃げしたり、そんな話が多いからかもしれませんね。

ただし人生においては、人からお金を借りなければできないこともあるものです。

ギャンブルなどで借金をするなどは論外ですが、希望と志を持って何か 事業を始めるとか、大学に進学したい、あるいは留学をしてその知識を将来に生かしたい、などという場合に借りるお金は「明るい借金」といえるのではないで しょうか。

 

明るい借金は、未来への投資ということでフルに使いこなすべきです。
そしてそれで得たものは社会へ返します。もちろん借りたお金はしっかり返さなければなりません。

 

借金という重い響きは、未来への必要投資として考えれば、希望のある響きに変わると思います。